美容に気を遣う紳士たちとおばさんたち

俺は通年前まで身長170kg、74kg、高脂質につき糖尿病気予備軍と診査されていました。

新卒で雇用した食物会社での不規則な一生、初めてのお家を離れた独り暮し、怠惰な食事で60kgあったウェイトが2世代でベネフィット14kgという悲惨な結実となりました。
通常おとな四世代視線を迎えたときに雇用を機に食物メーカーを退職し、独り暮しを終わりお家へ還ることになりました。
そうして以前からやりたいと著しく思っていた某大手のアパレルメーカーに雇用。

なので俺を待っていたのは美容に気を遣う紳士たちとおばさんたち。
それに扇動され俺は勤め人年代から隠れ家だったフライドポテトと、炭酸飲料、甘味、お菓子を避けることにしたのです。
それからはターミナルまでは絶えずどんどん走り抜けました。
勤め人年代は自動車からざっと出ない一生でしたが、雇用後は自動車も消え去り足は地下鉄といった足のみ。
お休みの日も

再び気持ちを配ったのは水気を一日2リットルは飲み込むことでした。以前までは水気を並べる先よりもただ食べ、炭酸飲料などを飲み込むことを続けていましたが、それを全額水に変えました。
ごちそうにも無論気持ちを遣いました。
・三食とにかく食する先
・とにかく白米といった野菜
・吸い物は来れる先
・軽食しない(甘いものは極力抑える)
これだけをやっていたように思います。
軽食は店舗の関係上あんなお忙しいに関してでしたが・・・笑

これを二ヶ月続けたところ、ボディーに事案が。

ひと度生活リズムが改良され、夜型から朝方種別へスウィッチしたことにより便秘がなくなり、快腸になりました。
グングン水気を定期的に充填していたので、顔色が良くなったと言われました。
本当は視線が少し黄疸の状態(黄色く上る)が出ていたとのことで内科で診査を通していたのですが、それが薄れてきていました。

そうして肉体的にきつい売り物や応対をすることにより、かなりの長く身体を動かすことが痩身的効能があったのだと思います。
お客の要望のある商品を裏側まで取りに行く、フロアに疾駆で舞い戻るの繰り返しでしたから。
丸みを帯びた面持が、元のホームベース種別に戻りつつありました。半年ぶりにあった前の店舗の仲間に驚かれました。

そうして何と言ってもウェイトが二ヶ月で3kgも落ちていました。でも70kgでしたが、身体が気持ちよくなっていたのを今でも思い起こします。

二度と一月後述ウェイトは2kg減り、腹部見回りは引き締まっているように感じました。ウエストは当時87cmもありましたが、80cmくらいに。

そうして夏場頃には67kgを迎え、ウエストは70cmテーブルに殴り込み。勤め人年代着ていた私服のショーツなどの腰見回りに余分というよりも、剰余が生まれていました。

そうして身体が軽くなったから、あるくのが面白くなり、東京を移動するときは根源足が基本となりました。渋谷に行くも店舗の表参道で降りそこから渋谷まで行くなど。

そうして今日、秋、冬季を迎えた今回。
ウェイトは60kgに戻りました。ウエストも67cmに落ち着きました。勤め人時代のスーツ、私服のショーツはもちろん雇用後述一気に購入したショーツも今では全額トロトロスラックスレベルになってしまいました。

弊社銘柄のスキニーパンツなどが普通に履けるくらいの下半身の細さ、ウエストを手に入れることができました。

現在でも足一生と水気充填は守りながら生活しているので個性獲得にもつながってある!産後 抜け毛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする