頑固な便秘立て直しにつき、お水をとりどり呑むように気をつけるようになりました!

世の中には便秘の不安を持つそれぞれは多いですよね。
私も10代の時分から30代にわたって慢性便秘状態で、何をしても直しませんでした。
ただし勿論何もせずそのままにしておくわけにはいきませんから、薬をつかって無理に生み出すような段階が長く続いていたのです。
薬の効果は絶大で、たとえば寝る前に飲むと翌朝には腸がゴロゴロって働くセンスがして(ときには胴が痛くなるほど。腸が無理に動かされてあるというセンスでした)、100パーセント位お通じがありました。
そのうち常々薬を呑むようになり、「このままでいいんだろうか…」と困り、思い切って薬を明け渡す気持ちをしたボク。
そうして、とりあえず行ったのが「水をめっちゃ呑む」に関してでした。
というのも、ネットで便秘にあたって何だかんだ調べて端緒を追究しようとした部位、思いあたるのが潤い欠如だったから。
ボクはむくみ易い因習なのもあり、思わず「水を飲むとむくみみたい」という心境があった結果さほど潤いをとっていなかったのです。
むくみの原因は水の呑みすぎではなく塩気の取り過ぎであるというのを知ってから、水を思いっきり飲んで塩気を控えるようになりました。
そうしてその効果は甚大でした。単に午前中に長期間呑むようにしたことで効力が出たように思います。
以前は薬なしでは何日も出なかったのに、今では朝めし後にしっかり便所に行くような状態です。
あー、潤いって貴重だったんだな…といった今さら気づいた感じがします。
そうして、塩気さえ意思をつければ確かに水を長期間飲んでもむくんだり体重が増えたり控えるということがわかったのも新しい発見でした。
というより今までが塩気を取りすぎていたと思います。梅干が大好きで1日に10個位食べていましたし、濃い目の味付けが大好きでした。
最近では食材の塩気に以前よりずいぶん気をつけるようになりました。むくみにくくなったので「痩せた?」と言われるようになったのが嬉しい改善ですね!断食

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする